独特のサービスがある

夕日の中の女性

ソープならでは

最近風俗業界では、圧倒的な数を占めるのが言わば新興勢力のデリヘルです。それに対して、昔からあるのがソープランド。風俗と来れば、すぐにソープランドが真っ先に思い付く方も多いんじゃないでしょうか。ファンは決して年齢が上の方ばかりではなく、若い方にも大勢いらっしゃいます。九州の鹿児島にも、県庁所在地の鹿児島市を始め指宿市などにもソープランドはあります。個室浴場ですから、通常個室内に浴槽は必ず併設されており、洗い場、マット、ベッド等が設置されています。いくらデリヘルが風俗業界を席巻していると言っても、ソープランドが存在し続けられるのは、そこで提供される独特のサービスがあるからです。例えば、スケベ椅子、くぐり椅子、ゴールドチェア等の独特の形をした椅子。ソープ嬢が下へ潜り込んだり、手を突っ込んだり出来るこれらの椅子は、ソープならでは。

ご安心ください

自然に恵まれ、今もかなり大きな活動を続ける火山島桜島を有する鹿児島県には、温泉が非常に多い。桜島がある鹿児島市内に限らず、霧島市等も同様です。多くの観光客が、温泉目当てに訪れます。浴場という意味では同じソープランドという風俗店も、鹿児島県内には少なくありません。女の子がお相手してくれますから、もし指名したい子がいるのであれば事前に電話して、出勤日時を確認しておいた方がいいです。いくらタフな子でも、毎日働きづめは出来ませんからね。そして、注意しなければならない点がもう1つ。風俗雑誌や風俗サイトによく掲載されている入浴料。かかるお金は、この入浴料だけではありません。これとは別に、女の子のサービスに対するお金でサービス料がかかります。ただ、総額〜円となっている場合には、それ以上かかることはありませんのでご安心ください。